TazmanianDevil
Do not expect this author to act like a professional boxing-writer. Thank you.

斉藤幸伸丸ファンサイト【大漁!】

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【出漁記】中川さんとのタイトルマッチ

2009年6月6日土曜日、行ってきました後楽園ホール。
最後の方は不覚にも涙涙涙でぐだぐだでしたが、詳細な試合の運びは後日のテレビ放映なんかで確認していただくとして、今回の漁船幸伸丸出漁記。

まず驚いたのは、キャパ2000人ともいう後楽園ホール、客席は超満員!会場でお会いした幸伸丸のご家族も「今日は満員だねー!」とおっしゃってました。試合前、王者中川さんの所属する帝拳ジムの赤いTシャツや団扇が客席をいっぱい埋めていたが、なんのなんの、挑戦者幸伸丸の名前が書かれた青いハタ(大漁旗!)も、会場のいたるところでたくさん振られていた。



あれよという間に選手入場。客席は暗転、ホールに響き渡る出囃子は、北島三郎「まつり」!!!ついに幸伸丸が花道に姿を現すや、ものすごい幸伸丸コール!!!!!!!

↓青コーナー側の花道。よく見ると、たくさんの人が青い「大漁旗」を振っている。
幸伸丸の入場

中川さんの人気に勝るとも劣らない、というか、むしろ陵駕してるくらいの大コール!

スポットライトの中リングに立つ幸伸丸は余裕しゃくしゃく(のように見えた)。ロープをしならせたり軽くフットワークしたり、あの体躯にしてあのスピード。
王者も登場、たくさんの声援に送られリング上へ。このあたりで気づいたら自分は立ちあがってしまった。なぜか若干ふるえる自分のヒザ。ちなみに自分の後ろはすぐ壁だったので、他の観客さんの視界をふさいだりはしてない。(意外にそういうところ考える)



中川さんと向かい合い、ゴング鳴る。またも大歓声。
幸伸丸、動きがむちゃくちゃ早い。ドーベルマンみたい。中川王者、すごい落ち着いている。並んでみると結構身長差がある。

幸伸丸、自在に間合いを取ってパンチを打ち込む。幸伸丸の背中の筋肉がすごい。

幸伸丸の背中

幸伸丸はかなりいいパンチをヒットさせていたと思う。拳が中川さんの身体に当たってあり得ない音を出す。幸伸丸も割合食らっている。パンチが良い当たりを見せるたび、会場がどわーと湧く。もう写真撮る余裕なし。

他メディアでも結構書いてあったが、幸伸丸はかなり優勢だったと思う。試合運びが幸伸丸のペースなように見えた。ドツン、ドン、と二人の身体からあり得ない音が響く。

ラウンドを重ねるたび、中川さんに結構ダメージが貯まってきてるように見えた。ここらへんで、自分の頭の中に、やばい、しん(←幸伸丸のこと)マジでタイトル取っちまうんじゃないか、という考えがちらちらしてくる。なんか知らんけど涙が出てくる。幸伸丸のパンチが出るたび歓声が上がる。自分もでかい声が出る。涙ぬぐいつつ大漁旗振る。

7ラウンド。始まってちょっとして、なんか雰囲気が変わる。あ、あ、と思ってるうちに撃ち合いになる。激しい撃ち合い。場内もものすごい歓声。言葉にならずみんな叫ぶ。

幸伸丸にパンチが入る。倒れない。中川さんにパンチが入る。倒れない。そうして中川さんのパンチが幸伸丸の頭に入る。幸伸丸、すとんとヒザをつく。

えっ?

と思った。

幸伸丸、すぐに立とうとする。でも立てない。またしりもちをつく。

レフリーが幸伸丸を抱える。何か合図する。中川さんサイドが湧いているが、自分は幸伸丸から目が離せない。
幸伸丸リングに横たわる。白いタンカが運ばれてきて、幸伸丸が載せられる。すぐにタンカが動き出す。幸伸丸の左腕がだらりとタンカからこぼれて、レフリーがタンカに戻す。そのまま花道を戻って行く。騒然としている。

しん負けた。

涙超出る。全然がまんできない。悔しいのかなんなのかわからない。ぬぐってもぬぐっても涙止まらない。



中川さんがリングで名前を呼ばれ、場内大歓声と拍手。トロフィー出てくる。インタビューされている。自分まだ泣いてたので、中川さんが何を言ってらっしゃったか覚えていないが、苦しい試合でした、的なことを言ってたと思う。
言葉を結ぶと、会場は大拍手。自分も拍手する。すごい悔しいけど拍手する。しんは確かに優勢だったと思うが、結局中川さんは勝った。幸伸丸はすごい。そして中川王者はすごい。

最初は松田さんと上野さんの試合も見るつもり満々だったのだが、いざ終わってみると、もう申し訳ないが全然それを見届ける気力がなく、ツレと一緒に会場を後にする。



受付を抜けてエレベータを待っていると、青い幸伸丸の旗を持った人達がわらわらとやはり会場を出てきている。おじいさんが二人やはり旗を持っていて、幸伸丸惜しかったな、畜生、とか言っている。

振り返ると、受付の上に飾ってあるタイトル保持者たちの写真が目に入る。右端には現タイトル保持者中川さんの写真。会場に来るときには、ここに幸伸丸の写真も並ぶんじゃないかと思ってた。見てるとまた涙出てくる。

ツレと打ち上げ?に飲みに行き、しこたま酔っぱらって帰ってくると、自分がさっき幸伸丸に出したメールに返事来た。心配していたが元気そうで安心する。
ファンサイトを作ろうと決意してmacに向かうが、泣きすぎと飲み過ぎで気づいたら寝ていた。



↓お客さんに配られた「大漁旗」。裏には「幸伸丸」って書いてある。
大漁旗
スポンサーサイト

コメント

やれるまでやってみる

どうも、こんばんは
昨日の試合、会場にて応援させていただきました。
心にジンッと残っています。

そう、たくさんの熱い照明に包まれて、
ひとつのドラマを肌で感じることができました。
すごい。すごいなー!!
本物に触れさせていただいて、
ひそかにかなり感動してしまいました。

それにしても、返事が来てよかったです。
やっぱり今も笑ってるかなー。
わたしもがんばらねばなと思った次第です。

非公式サイト・・・みんなで応援できるといい。
これからわたくしも、応援していきます!!

ありがとう!

管理人です。嬉しいコメントありがとう!ボクシングの試合って、ラウンドごとに経験していくドラマですよね。本当に。
今日サイト作ったって言ったら幸伸丸喜んでましたよー。応援よろしくおねがいします!!

【幸伸丸さん銭湯中】
      |
      |  ⊂⊃/ ̄\
      |   /~~~⊂ ⊃    艸艸艸
      | /     ⊂⊃ \   艸艸 \艸
      |  ⊂⊃   ⊂⊃  \ 艸艸\艸艸/艸
      |   ⊂⊃ ~~~.   \/
      |  ~~~~.        \
      |
       ──────────────────
      /  ────────────────
    / /|    
  / /   ~~~ ∧,,∧ ~~~
/ /    ~~~ (*´ー`)~~~~
/      ~~~~~~~~
        ~~~~~~

管理人です。
銭湯で幸伸丸に出くわしたら、湯船から水鉄砲をかけます。
銭湯で幸伸丸的な容貌をした幸伸丸ではない人に出くわしたら、半径5m以内に近づかないようにしてそっと浴場を出ます。

ファンサイト開設ありがとうございます!

幸伸丸のファンサイトを発見して嬉しい気持ちになりました。松田さんと上野さんの試合を観戦して帰る予定でしたが幸伸丸の試合が終わったら泣きたい気持ちになってしまい友人と僕も会場を後にしてしまいました。悔しさが心に溢れていましたが幸伸丸の戦う姿を思い出すと勇気をもらった気持ちに変わっていきました。

幸伸丸の試合があるときは全国どこへでも行くつもりです!

幸伸丸の貴重なファンサイトを開設して頂きありがとうございます!

ありがとうございます!

管理人です。
気持ちのこもったとてもうれしいコメント、ありがとうございます!
そうなんですよ、幸伸丸のファイトはなんかものすごい勇気が出るのですよね。
実際、入場テーマ(サブちゃん)とともに幸伸丸がリングに姿を見せてから、試合がすすんでゆくにつれ、わたしの勇気りんりんゲージは急上昇中でした。あの体験はなんというか、幸伸丸ならではの感覚だと思っています。
応援よろしくお願いします。私も微力ながら応援がんばります!

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://koshinmaru.blog66.fc2.com/tb.php/10-a8e61873

 | HOME | 

このサイトは

日本ウェルター級1位、輪島功一スポーツジム所属のボクサー、斉藤幸伸丸の非公式ファンサイトです。 コメントは誰でも自由! ちなみに管理人は格闘技の知識がほとんどなし。玄人の方も素人の方もどんどん参加して、幸伸丸を応援してください!
【各記事の下からコメントを投稿できます】
[このサイトについて]

Categories

Recent Entries

Monthly

Recent Comments

Recent Trackbacks

Appendix

TazmanianDevil

TazmanianDevil

管理人。昭和53年7月30日、恵山町(現:北海道函館市)生まれ。166cm, 112パウンド。杉並区輪島ジムの近所在住 → 2012年12月より札幌に引っ越しました。遠く北海道から幸伸丸の試合に駆けつけます!!!
★もっと詳しく★



 








FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。