TazmanianDevil
Do not expect this author to act like a professional boxing-writer. Thank you.

斉藤幸伸丸ファンサイト【大漁!】

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

速報:6月9日@後楽園ホール、幸伸丸、なんと2R TKOで勝利!!!

2016年6月9日に行われた71.0kg契約8回戦@後楽園ホール、幸伸丸は
対する クラーロップ・ソー・ソムポン選手(タイ)を
なんと2R TKOで下し、完全勝利しました!

筆者は例によって札幌からリモート応援でしたが、幸伸丸からこんな写真が届きました!
試合後の様子のようですが、まったく涼しげな顔で驚きました。

20160609-ko-after-winning

そして、なんと、こんな動画も届きました。
KOシーンですね。。。すごい。。。。。。。

[広告] VPS


なんというか、ただただすごいです。

当サイトで観戦記事を書けないのが申し訳ないところですが、「幸伸丸 ソムポン」でGoogle検索すると、試合の様子をお書きのブログやサイトがいくつか見つかります。観戦できなかった皆様は、よければ調べてみてくださいね。

しかしすごい試合ですね。
これまでも、あまりに勝つのが早過ぎると、ご覧の方から「早過ぎるよ!」とか、たまに文句言われたりしてますが 笑、わたしとしては、無事鮮やか勝利でとにかくうれしいです。

幸伸丸のファイトの様子は、いつもめちゃめちゃ勇気をもらえます。やったぜ幸伸丸!

スポンサーサイト

12月27日 Sウェルター級日本タイトルマッチ 速報

日本Sウェルター級タイトルマッチ挑戦@阿倍野
対 野中悠樹、最終ラウンドまで戦い尽くし、判定で王者が防衛果たし幸伸丸負けとの報が入りました。

私は今日は動けず札幌で応援していました

ネットで実況の文字だけ追って見てたけど、すごくすごく勇気をもらいました
今は正直あたま真っ白ですが、しんちゃんとにかくお疲れ様という気持ちでいっぱいです

まずは、齋藤幸伸丸選手、お疲れ様!!!!!

【出漁記】出田裕一戦

前回の出田選手戦のレポートをお届けします〜!
とんでもなく遅れちゃってごめんなさい!めっちゃ仕事してました汗!!

そして、こちら↓をお見逃しなくーーー!!!!!

★斎藤幸伸丸、穫ったれチャンピオン!★

ウェルター級タイトルマッチ
7/28(月)後楽園ホール/タイトルマッチ10回戦


ぜひお越しくださいいい〜〜〜!!!!!!!

というわけで向かった後楽園ホール、今回はパンフレットももらえました。いつも在庫切れでもらえないことが多いのです。

DSC_8654.jpg


幸伸丸の出番、今回は青コーナーから入場!
花道からリングを望むとこんな感じ。

DSC_8723.jpg


前の試合が終わり、幸伸丸のコールが始まる間際に、どこからともなく幸伸丸の旗を持った方々が大勢!

DSC_8750.jpg


ちなみに、誰かに渡され、僕も旗を持たせてもらいました!
片手に旗、片手にカメラでがんばりました!


と、ついにコールが鳴り響き、幸伸丸入場です!

DSC_8765.jpg


精悍です。油がのってる感じがします。


DSC_8778.jpg



みんなの声援を背に、いざリングへ。
たくさんのお客さんの間を抜けて、そしてリングに一人昇ってゆきます。

DSC_8784.jpg


DSC_8790.jpg



幸伸丸コールに片手を上げ、声援に答える幸伸丸!

DSC_8799.jpg



対する出田選手は赤コーナー。こちらも強そうです。
ってプロボクサー相手に当たり前ですが。

DSC_8807.jpg



ゴングが鳴り、第一ラウンド。拳を合わせる両雄の姿。緊張が走ります。

DSC_8820.jpg


最初のうちは、いくらかパンチを当てられましたが、ダメージはさほどでもないよう(には見えた)。
バッティング?なのかわかりませんが、一度試合が止まった場面も。

この日の幸伸丸は、ちょっと硬い表情に見えました。
とは言っても、堅実な試合運び、鋭く迷いのない動き(に見える)は変わりません!
いけいけ〜!

DSC_8825.jpg



第二ラウンド、だんだん幸伸丸の動きがよくなってきます!
パンチも当たりだし、相手の顔にダメージが現れてきます。

DSC_8827.jpg


動きが良くなるにつれ、幸伸丸がよくやる肩をすくめる?回す?みたいなしぐさも出てきました。

DSC_8891.jpg



クリンチなどもありつつ、幸伸丸のフックがなかなかのイキオイで決まります。強いパンチ!

第三ラウンド、幸伸丸も若干鼻血が出てたようでしたが、パンチは当たりだします!右のボディがいい感じで当たっていました。

出田選手もパンチを繰り出し、幸伸丸も食らってはいましたが、ダメージはさほど蓄積せず、幸伸丸がどんどんペースをつかみ出し、動きが良くなってきたように思いました。

DSC_8913.jpg



動きがよくなってきた(と思われる)幸伸丸の図↓

DSC_8917.jpg



そして第四ラウンド、いよいよパンチが的確に当たりだします!

DSC_8932.jpg


そんななか出田選手が偶然のバッティングで右目上を負傷、出血が見られます。

DSC_8936.jpg


的確にヒットさせるにつれ、出田選手にはダメージが蓄積されていっているように感じました。
一方の幸伸丸、どんどん試合運びに余裕がでてきた?というかペースをつかんできた感じ?が出てきました!

DSC_8939.jpg

DSC_8951.jpg

DSC_8961.jpg



挑み合う両雄!!

DSC_8994.jpg

DSC_8995.jpg



熱闘です!!!

DSC_8999.jpg

DSC_9005.jpg

DSC_9017.jpg



ぶつかり合う二人の闘志!
これ↓クリックで拡大してご覧下さい。筋肉やばいです。

DSC_9041.jpg



第五ラウンド、幸伸丸が明らかに優勢に試合を持っていきます。



そして、ついに!!!!!



強烈な右ーーーーーーー!!!!!!!

DSC_9048.jpg



出田選手は口からも若干出血、白いトランクスに鮮血が目立ち始めます。
凄まじい闘志で出田選手も幸伸丸に挑みかかります。


優勢のまま第六ラウンド、幸伸丸がなおも攻め続けます!!!
猛攻を受け出田選手の動きが若干ふらついてきたところを、勝機を逃さず幸伸丸がたたみかけます!!!


DSC_9057.jpg


ラッシュ!!!!!!!

DSC_9060.jpg


ラッシューーーーーーー!!!!!!!


DSC_9063.jpg



コーナーに追いつめ、責める幸伸丸!!!

DSC_9067.jpg



ここでレフェリーストップーーー!!!!!

DSC_9068.jpg

DSC_9069.jpg



ゴングとともに、幸伸丸TKO勝ちです!

DSC_9070.jpg



やった〜〜〜!!!!!

DSC_9074.jpg



相手をねぎらいつつ、

DSC_9078.jpg


幸伸丸はコーナーポストへ!

DSC_9082.jpg

DSC_9084.jpg

DSC_9088.jpg




応援のみなさんの歓喜の声に応えます!
輪島さんと輪島さん(ふたりとも輪島さん)と声をかけあったあと、リング中央に戻ります。

DSC_9095.jpg

DSC_9098.jpg



勝者のコールに再度右腕を高く差し上げます!!!

DSC_9104.jpg

DSC_9122.jpg



勝者コールのあと、赤コーナーへおもむき言葉を交わす幸伸丸。

DSC_9128.jpg



湧く観衆!!!

DSC_9137.jpg

DSC_9140.jpg

DSC_9147.jpg



リングから降りる幸伸丸を、みんなの笑顔が迎えていました。やったね!!!

DSC_9155.jpg

DSC_9157.jpg

DSC_9172.jpg




というわけで、今回も堂々たる試合ぶりで見事勝ちをつかみました!!!

次戦のタイトルマッチ、油がさらに乗った状態でリングに臨み、見事チャンピオンベルトを掲げる幸伸丸が見られるはずです!!!!!!!!
7/28、みなさまもどうか応援よろしくお願いします〜〜〜〜〜〜〜!!!!!!!!



おまけ

打ち上げの幸伸丸。勝利の乾杯、の前に幸伸丸がみなさんに応援のお礼を述べます。

DSC_9261.jpg


有斗高校のTシャツを着て皆様の前に立つ幸伸丸。物持ちいいですね。
でもこんな高校生いたらこわいです。



皆様の発声で祝勝の手打ち!!!

DSC_9270.jpg



特別カット、うしろあたま

DSC_9276.jpg


うしろあたまにも筋肉がついてそうに見えます。(←頭筋)
頭筋の鍛え方は不明。



そして今回は、打ち上げに参加された皆様の写真を掲載させてもらいました〜

「じゃあ、みなさんかわいい顔でお願いします〜」って言って撮ったら、みなさん実際かわいい顔してくださったのでうれしかったです。

DSC_9282.jpg


↑地味に幸伸丸の顔が面白いので、画像クリック拡大でご確認下さい。


さあ、次はいよいよタイトルマッチ!!!
チャンピオンの座はもうすぐだ!!

今頃も厳しいトレーニングに励んでいることでしょうか?


さらに強くなってリングに現れるであろう幸伸丸、日本ウェルター級の頂点に立つ姿を見るのが今から待ちきれません!!!!!!!!!!!!!!!

斎藤幸伸丸、いくぞーーーーーーーーーーー!!!!!!!!!!!!!!


【出漁記】藤中周作戦

大変遅くなりましたが、観戦記です!

今回も観戦の危ぶまれた管理人でしたが、起死回生の逆転プレーでなんと参戦できました!

北海道から一路後楽園へ向けて出発、友達連中と合流して、いざリング(のそば)へ!

DSC_3582.jpg

今回ももちろん、会場には大漁旗がはためいております。

DSC_3584.jpg

幸伸丸の入場、大漁旗に身を包み花道に現れます。場内大歓声!

DSC_3650.jpg

そして、なんと今回からは入場SEが変わっていましたね!
今までは北島三郎大先輩の「祭り」がかかっていましたが、今回より。。。
って、忘れてしまいました。。。どなたか覚えてらっしゃらないでしょうか!!!
でも僕も知ってるくらいの有名ソングでした。
意外というかなんというか、BGMがかわっても幸伸丸の入場はやっぱり威風堂々としてかっこよかったです。

DSC_3652.jpg


DSC_3653.jpg


DSC_3655.jpg

いざリングへ。ぜひクリックして↓拡大で勇姿をご覧ください。

DSC_3661.jpg


DSC_3665.jpg


DSC_3667.jpg

なお、今回より心強すぎる味方がさらに参戦です。
Photographer 大館貴浩 さんです!
大館さんは函館出身のプロの写真家でらっしゃいまして、お写真をご提供いただきました。やったー!
※大館さんのクレジットが入った写真は転載禁止でお願いいたします!


DSC_3667_1.jpg
© 大館貴浩



DSC_3670.jpg

対する藤中選手、新人王を穫った俊英とのことで、ソリッドな体つきに揺るぎない実力を感じます。
一方の幸伸丸も、堂々たる体躯!
仕上がり上々であります。

DSC_3676.jpg

いつものとおり体を伸ばしています。

DSC_3681.jpg

そして、ゴング!


DSC_3685.jpg


DSC_3685_1.jpg
© 大館貴浩


幸伸丸、心なしか色黒に見えます。

DSC_3691.jpg

途中でドーンと幸伸丸が後ろに下がった?ときがあり、何があったのかよくわからなかったんですが、特に大きなダメージがあったとかいうわけではなかったようで、安定感とスピードに満ちた動きです。

DSC_3696.jpg


DSC_3696_2.jpg
© 大館貴浩


第一ラウンド、途中で幸伸丸がローブローしちゃったみたいな感じになったようで、いったん両者コーナーに下がる一幕がありました。
管理人はローブローの定義もよくわからない。。のですが、とにかくあの屈強なボクサーがあんなにいたそうにしてるので、きっとめちゃんこ痛いのだろうと思いました。


DSC_3699.jpg

うーん、藤中選手、痛そうです。


DSC_3701.jpg


DSC_3716_1.jpg
© 大館貴浩


そして試合再開。

幸伸丸、メンタル強く、スピードも早いです。
何かあっても動じず、強さを感じます。

第二ラウンドに入り、幸伸丸、どんどんパンチを当てていきます。
頭に的確にあたるブローが多く、優勢に見えます。
しかし、対戦相手も新人王だけあって、テクニカルかつ正確なボクシングに見えました。大変見応えのある試合です。
途中でボディに一発!幸伸丸が当てていました。素晴らしいボクシングです。


DSC_3716_2.jpg
© 大館貴浩



DSC_3716_3.jpg
© 大館貴浩



DSC_3716.jpg


DSC_3726.jpg

第三ラウンドも幸伸丸は的確に当ててゆきます
ガードの構えから突然繰り出す目にもとまらぬパンチ!で当てます。
凄まじいスピードです。

パンチを繰り出す方もすごいですが、パンチを受けるなりよける(!)なりする相手の方もすごいです。


DSC_3740.jpg

第四ラウンドに入り、幸伸丸のパンチがどんどん当たり出します。
藤中選手はしっかりとガードの上で受けていますが、それでも顔面にダメージが溜まっているように思えます。

このあたりで、バッティング?があったような感じになりましたが、結局試合進行に際し問題はなかったようでした。


↓試合運びもさることながら、この怒張する筋肉。。。!!

DSC_3753.jpg

左フックが命中!と見せ場を経たところで、またも幸伸丸がローブロー?らしきことになってしまったようで、藤中選手は大変苦しそうにされていました。
何度も言いますが、あの屈強なボクサーがこんなに痛そうにするとは。。。
受ける側からしても、普通のブローとはまた違った扱いなのでしょうが、それにしても、ローブロー恐るべし。


DSC_3780.jpg

またも両雄コーナーへ。

↓幸伸丸が右手で「すいません」ってやってるように見えます。

DSC_3787.jpg

そして激戦へ。

DSC_3792.jpg

追いつめる幸伸丸。
隆起する筋肉が試合の緊迫感を物語っています。
↓これも拡大でぜひご覧ください。

DSC_3801.jpg


DSC_3823.jpg



と、ここで、気づくと幸伸丸の左眼の上から流血が見られました。
かなりの流血に見えます。

DSC_3826.jpg

流血の程度はかなりで、ついに一度試合が止められます。

DSC_3836.jpg


DSC_3838.jpg


DSC_3848.jpg

結局、この流血があり試合続行不可能となります。
結果は判定へ。

DSC_3854.jpg

藤中選手もダメージがすごそうですね。


結果は。。。

DSC_3859.jpg

判定、3−0で幸伸丸の堂々勝利です!やったー!!

DSC_3865.jpg


DSC_3870.jpg


DSC_3874.jpg

いつ見ても、健闘をたたえ合うボクサーの姿には、ボクシングのすごさ、奥深さを感じさせられます。

DSC_3879.jpg


DSC_3890.jpg

晴れ晴れした表情で花道を戻る幸伸丸。

DSC_3895.jpg

ファンの方や関係者の方、ご友人の方らの笑顔で迎えられる幸伸丸。

DSC_3899.jpg

というわけで、堂々たる試合運びでの完勝を果たした幸伸丸でした。
管理人もはるばる上京したかいがあったというものです。

見る限り、話す限り、35歳の幸伸丸は、むしろ「どんどん脂がのってきた」という印象です。(ほんとに)
わたしが勝手にこういうことを言うのも口幅ったいですが、正直、これからの彼のボクシングがさらに楽しみでならない!そんな内容でした。

試合後の打ち上げも皆様晴れ晴れした表情で、大変にぎにぎしい会となりました。
幸伸丸、元気と勇気をありがとう!!!!!



次はタイトルマッチを期待したいところです。いつころになるのでしょうか。
みなさま、これからも応援よろしくおねがいします!



おまけ

↓打ち上げで遠距離から的確なカメラ目線を放ってくる幸伸丸
DSC_3934.jpg

次戦:タイトルマッチ!!vs高山樹延選手!!!

齋藤幸伸丸、ついに三度目のタイトルマッチの日が明らかになりましたーーーーーーーー!!!

 日本ウェルター級王座決定戦
 2012年12月21日 (金)@後楽園ホール
 斉藤幸伸丸 vs 高山樹(角海老宝石)

つつつ ついに幸伸丸戴冠の瞬間を必ずや目の当たりにできますよーーー!!!!
ぜひぜひぜひぜひぜひ応援のほどを!!
みなさまの力を貸して幸伸丸にチャンピオンベルトを担がせましょうーー!



ところで最近ブログの更新が滞っており、大変申し訳ありません。。
なんと管理人は一身上の都合で札幌へ移り住むことになりまして、
さらに色々なことが重なり、結果この数ヶ月何やってたのかを
ほとんど記憶がないくらい、てんやわんやでございました。。。

今は既に札幌におるのですが、次のタイトルマッチ、悔しすぎることに
管理人は見に行けません泣泣泣!!(まだてんやわんやなのです)
ボクシングを見始めて以来、幸伸丸の試合を見逃すのは初めてです!!!!!
ぐあー!!

どうかご覧になった方は下記URLに記載のメールアドレスまで
レポートや写真などお送りいただければ幸いです!
http://koshinmaru.blog66.fc2.com/blog-entry-2.html

次に会う時は幸伸丸がチャンピオンでありますように!!!

速報:幸伸丸圧倒的勝利です!!

8/6@後楽園ホール、幸伸丸なんと1RでKO勝ちです!やったー!!
レポートは追って掲載しますんで、どうかお待ち下さいーー!!
幸伸丸まじつええ!!!!!

【出漁記】渡部さんとのタイトルマッチ

2012年3月27日、皆様が待ちに待った幸伸丸のタイトル挑戦マッチが後楽園ホールにて開催されました。

2009年6月6日のタイトル挑戦第一戦から、幸伸丸応援団はどれだけこの日を待ち望んでいたことでしょうか?
少なくとも僕は席についた時点で完全に冷静さを失っておりました。

なんと管理人は試合の始まる時間を読み間違って、友達の「もう始まりつつあるよ!」っていうメールを機に超ダッシュで水道橋駅から会場に向かったていたらくでした。おかげで両選手の入場シーンを見逃す始末。無念です。

P1010225.jpg


慌てて会場に入るとちょうど幸伸丸の入場が完了しつつあるところ。相変わらずロープを背に身をほぐす幸伸丸!
身も軽いし隆起したセナカの筋肉も期待に十分応えるものがあります。

P1010230.jpg

P1010232.jpg


日本ウェルター級タイトルマッチとあって、テレビカメラは入っているし観客は満場だし、会場のテンションはマックスです。

P1010247.jpg


司会のコールとともに右腕を高く差し上げる幸伸丸!
りりしい表情が観客席のテンションをよりいっそう盛り上げます。

P1010251.jpg

渡部選手との面通し!迫力ははんぱありません。

P1010253.jpg

そして、ゴング!すわ歩み寄る両雄!!

P1010258.jpg

近づくやいなや、早くも打ち合いが始まり、場内は沸騰していました。
日本タイトルマッチが始まったんだな、と思いました。

P1010259.jpg

幸伸丸の動きは相変わらず軽快ながら、なんだか非常に落ち着いた足運びに見えました。
2009年のタイトルマッチ挑戦第一回目を思い起こすに、幸伸丸はなんだかすごく成長しさらに強くなったように見えました。

P1010264.jpg

王者に確実にパンチをあててゆき、なんと早々に顔面にヒットする一発も繰り出します。
場内沸騰!
王者も負けじと迫力のある動きで応戦していました。

なんというか、もう既にすごい試合になっていました。
既に名勝負でした。

P1010292.jpg

僕にはもう幸伸丸は挑戦者という感じには見えず、歴戦の覇者が二人リングに立っての頂上決戦、といった趣でした。実際そうなのですが。

この国で一番強い人を決める試合を今見ているんだな、と思いました。

第二ラウンド、幸伸丸は安定したディフェンスから確実にパンチを繰り出し、またも王者の顔面にクリーンヒット!王者が顔をゆがめます。

もう既に、まったく冷静に見てられません。

P1010273.jpg


第三ラウンド、幸伸丸のパンチに捉えられる王者の顔からついに流血が。

P1010336.jpg

P1010340.jpg

幸伸丸優勢の試合運び。
これは・・・ と思ったら、もう周りの友達も声を上げるし僕も涙が出てきました。

というところで、ふと幸伸丸が下腹部を押さえ、レフリーの指示でコーナーへ。
どうやらローブローを食らったようでした。

P1010342.jpg

なんかしらんけど痛そうな姿の幸伸丸も妙にかっこいいです。

ともあれこれで王者は一点減点となり幸伸丸はさらに優勢!!!ひー!!



続く第四ラウンド、変わらず幸伸丸はクリーンヒットを出し続けます!

P1010295.jpg

ここで今度は王者のパンチが幸伸丸の右側頭部にヒット、ぐらっと来たところで、幸伸丸にも流血が起きます。

P1010361.jpg

このあたりで今度は王者が優勢に立ちます。

ここまでは幸伸丸が落ち着いた試合運びから着実にダメージを王者に与え続けていたように見えたので、王者のこの粘り強さというかガッツには驚いたしすごいなと思いました。



それでも第五ラウンドに入り幸伸丸はさらにパンチを当てていきます。

血まみれになった王者が苦しそうな表情を見せます。

P1010372.jpg

P1010379.jpg

しかし気づくと幸伸丸も、先ほどのラウンドで負ったキズから流血が。
目には入ってない?ように見えましたが、赤いしぶきを飛ばしながら戦う二人の姿はものすごい迫力です。

試合は中盤にして死闘の様相を呈してきます。

P1010383.jpg

互いに動きを止めません。
互いにパンチを当て、互いにパンチを受け、ひるまずに戦い続けます。
名勝負です。この両雄の姿に大きな大きな勇気をもらった観客もたくさんいらっしゃったと思います。

一体となった場内が歓声をあげつつ夢中でリングを見つめています。
いまだキレのある動きでブローが飛ぶたび、なんだかリングで爆発が起こっているみたいです。


そして第六ラウンド、試合はさらにすさまじい打ち合いに発展します。

P1010405.jpg

数え切れない打撃を互いに浴びながらも、両者一歩も退きません。

P1010412.jpg

P1010416.jpg

P1010426.jpg

P1010457.jpg

P1010459.jpg


両雄、次第に疲れが見え始めます。激しい打撃を交わしながら、しかしどちらも倒れません。

P1010429.jpg

なんとこのときも、幸伸丸はまだ落ち着きを失っていないように見えました。
目が生きていました。
激しい打ち合いの中にも、歴戦を勝ち抜いてきたボクサーの風格・威厳がどっしりとした存在感を放っていました。

P1010459.jpg

かたや王者も幸伸丸を打ち崩そうと向かってきます。

P1010472.jpg

本当にすばらしい戦いでした。



続く第七ラウンドもすさまじいパンチの応酬、しかし変わらず優勢なのは幸伸丸です。

僕は一応なんとか冷静に試合を見つめようと思ってはいたのですが、このあたりでついに
「勝てるんじゃないか」
という考えがよぎりました。

両雄のパンチがヒットするたび、感情はぐらぐら揺れて、涙で視界が揺らぎます。

そんな観客をよそに、幸伸丸は変わらず、激しい試合の中でも落ち着きを失っていないように見えました。
筆舌に尽くせないようななんだかわからないすごいものがリングの上にありました。



そうして第八ラウンド、また幸伸丸のパンチが渡部選手の顔面に何度もヒットし、ぐらつく王者!

P1010509.jpg

P1010516.jpg

すさまじい気迫の応酬!

P1010539.jpg

P1010541.jpg

本当にすごいものを見ました。

P1010553.jpg

P1010560.jpg


第八ラウンドも終了、ここで点数が読み上げられます。

採点は、

76 : 76
76 : 76
76 : 75

で、幸伸丸の優勢!場内割れんばかりの歓声!!

第九ラウンドも次々と幸伸丸のパンチが王者の顔面にヒットしてゆきます。
王者は明らかにダメージを蓄積しています。が、しかし倒れない!

P1010597.jpg

P1010604.jpg

どんなに優勢になっても、幸伸丸は冷静さを失っておらず、鋭い目つきを保っています。

とはいえ幸伸丸の方も確実に被弾しています。
そのうち、次第に両者一進一退の様相を呈してきます。

P1010615.jpg

P1010640.jpg





大変申し訳ないのですが

もうこのあたりから僕の記憶はほとんど飛んでます。
でもカメラだけはと思ってシャッターは切り続けておりました。
ので、写真だけ貼っていきます。

二人が最後までどういう姿で戦ったのか、写真だけでも伝わればいいなと思います。

P1010658.jpg

P1010668.jpg

P1010702.jpg

P1010703.jpg

P1010705.jpg

P1010710.jpg

P1010723.jpg

P1010728.jpg

P1010735.jpg

P1010740.jpg

P1010741.jpg

P1010743.jpg

P1010749.jpg

P1010758.jpg

P1010777.jpg

P1010785.jpg

P1010790.jpg

P1010804.jpg

P1010806.jpg

P1010809.jpg

P1010812.jpg

P1010813.jpg

P1010819.jpg

P1010821.jpg

P1010822.jpg

P1010824.jpg

P1010829.jpg

P1010857.jpg

P1010860.jpg

P1010901.jpg

P1010907.jpg

P1010915.jpg

P1010953.jpg

P1010960.jpg

P1010975.jpg



試合は壮絶な展開を見せたうえ、11ラウンドTKOで王者渡部さんが勝利、タイトル防衛を果たしました。



もう試合後はぐったりしてしまって何も考えられなかったというのが正直なところです。




試合後に会った幸伸丸の悔しそうな様子を思い出すと、何も軽はずみな事は書けないのですが

それでも書きますが

本当に本当にすばらしい試合でした。

2009年に初めて幸伸丸の試合を見たとき感じたあの衝撃、感動、人間というもののすごさ、をいまだに覚えていますが、この試合も本当にものすごく衝撃と感動と人間のすごさを僕ののうみそに焼き付けました。



あれから何戦も試合を重ね勝利を積み上げてきた幸伸丸の成長が結実したすばらしいファイトだったと思います。

幸伸丸は強くなった。渡部さんも強くなった。そして結果はあとからついてきます。

タイトルを逃したとはいえ、「人間はどこまでも成長できるんだ、もっと高く飛べるんだ」ということを、観客に知らせることができた幸伸丸は、やっぱりすごいボクサーだと思いました。
さすが僕が一番好きなボクサーだ、と誇りに思うことができました。

一緒に見ていた友人があとで幸伸丸に、どれだけ彼のファイトから感銘をうけ勇気をもらったかを熱心に話していたのを思い出します。





仕事の遅い僕は写真選んだり文章書いたりで足かけ三日もかかってしまいました。
これからまた写真眺めながら酒でも飲みます。

【出漁記】山川和風戦

大変遅くなりました、なんてもんじゃないくらい遅くなりましたが(深謝)、2011/8/27@後楽園ホール、山川和風選手(金子ジム)との試合レビューでございます~!
ちなみにクリスマスの朝方5時というわけわかんない時間に記事書いております。うう、すみません。。(泣)



イベント名は "DANGAN 36"、今回は堂々たるメインイベンター!
会場に貼られたポスターには、ごらんの通り幸伸丸がでーんと真ん中に鎮座ましましています!

P1110112.jpg

この試合を華々しい勝利で飾れば次はタイトルマッチ??との期待もふくらみ、応援団もいっそうの気合いをもって会場にはせ参じております。

P1110125.jpg

イベント最終試合直前、幸伸丸サイドの花道には頼もしい幸伸丸ロードが着々と準備されておりました。



と、なんと今回は幸伸丸の似顔絵入りの応援プレートが登場!!

P1110118.jpg



あまりに似ているのでびっくりして写真を撮らせていただきました。
お持ちでらっしゃった方々、撮影ご協力ありがとうございます~!



そうしていつもの北島三郎先輩の美声が響き渡るなか、幸伸丸の登場!

P1080203.jpg





リングに上る姿は相変わらず不敵な余裕が感じられます。
しかし、どんどん日本人離れした容姿になってきている気がしますが、気のせいでしょうか。

P1080207.jpg





リングネームのコールをうけ、大漁旗を背にリングをぐるりと回る幸伸丸!場内の歓声も早くもmaxに達しております!

P1080210.jpg

P1080214.jpg





そしてゴング!

第一ラウンド、様子を見合う山川選手と幸伸丸。

P1080223.jpg



探り合いのようなブローが互いに繰り出されます。
幸伸丸が軽くヒットを受ける場面もありましたが、全くペースを崩すことなくこちらからも的確にパンチを当ててゆきます。

第二ラウンドに入っても幸伸丸の落ち着きは全く揺らぎません。
素人目にはよくわからなかったのですが、スリップ?やヘンなブロー?で、互いに会釈を交わす場面がちらほら見られました。

P1080224.jpg





と、いきなり幸伸丸の左フックがヒット!場内湧きます!!
ダウンにまではつながらなかったものの(確か)、それ以後も幸伸丸は優勢に試合を進めているように見えます。そして場内に響く幸伸丸コール!



そういや、今回から幸伸丸のトランクスがおニューになっていたようです。

P1080232.jpg



前回までは左脚に「一仙」の文字があるトランクスでしたが、今回は右脚に「Tairyo」の文字が。
一仙の文字はお腹の赤い縁取り部分に移動しています。なんかヒーローっぽくてかっこいいです。

P1080236.jpg



そして三ラウンド、幸伸丸の右ストレートが顔面にヒット!そして左ボディ!
以後的確にボディを当てていく幸伸丸。やはり優勢に見えますが、いまだ双方老獪な動きで試合を進めます。

四ラウンドには、さらに幸伸丸のストレートが当たり出します!期待に湧く会場!
試合中、幸伸丸が相手を持ち上げる場面がありました。なんかヘンな絡み方になっちゃったのでしょうか。

P1080239.jpg





五ラウンド、幸伸丸のクロスから右がヒット、以後幸伸丸のペースになってゆきます。場内大興奮!相手のジャブも少し食らっていたようですが、終始優勢に見えます。

P1080247.jpg

P1080250.jpg



たくましい背中ショット!

P1080264.jpg




つづく六ラウンド、またしても幸伸丸のいい右フックが入ります!
と思ったら、両者の頭がぶつかった?ように見えたのですが、両者とも頭をいたそうにして動きを止める場面も。

P1080273.jpg


しかし幸伸丸の右フックを契機に、撃ち合いに突入!山川選手もラッシュに入ります!幸伸丸はペースを乱さず、すぐまた押し気味で進めます。
でかい音を響かせて幸伸丸がまた右フックを決める!も、相手も崩れません。試合は七ラウンドへ。

P1080279.jpg



山川選手もペースを上げ、双方終盤の試合を制そうとがむしゃらなまでにパンチを繰り出します。

幸伸丸はバックステップなんかを含めた細かいフットワークと幸伸丸ならではのトリッキーな動きで、老獪な試合運びを見せます。

P1080282.jpg



しかし決着ならず、七ラウンドが終了!なにかラウンドの終わりで二人が言葉を交わしていたようでした。なんだろ。



そして最終ラウンド、じりじりと両者距離を詰め合い、ラッシュからクリンチで途切れ、またラッシュと、場内大いに湧きます!!

P1080288.jpg




試合は判定へ持ち越し、判定は三対〇で幸伸丸、堂々の勝利です!
やったー!!!!!!

P1080289.jpg



山川選手に声をかける幸伸丸サイドセコンド!

P1080291.jpg



笑顔で山川選手と握手を交わす幸伸丸!

P1080295.jpg



勝者コールに笑顔で腕を掲げる幸伸丸!

P1080297.jpg



リングをおり花道を戻る幸伸丸!笑顔もさわやかです!
P1080318.jpg



試合後近くで見てみたら、幸伸丸の頭の右っかわにたんこぶがありました。写真でわかるかな?

P1110330.jpg


あの頭をぶっけたときのかと思いきや、「(山川選手の)パンチを食らったところ」がこぶになっちゃったそうです。

試合を思い出すと凄絶な戦いの末の負傷、なのですが、こうして笑ってるところを見ると単なるやんちゃ坊主みたいにも見えます。



というわけで、今回も堂々の勝利を収めた幸伸丸でございました。
みなさまも応援おつかれさまでございましたー!



そして、次回の試合は、ついに待望の・・・!!?

乞うご期待!

速報:幸伸丸、3-0で勝利です!!!

2011年8月27日@@後楽園ホール、3-0で堂々の勝利を飾りましたーーーーー!!!イエーーース!!

対戦相手の山川選手の健闘もすばらしく、勝負は8ラウンドをフルに戦う好試合でしたが、全体的に試合を制して進めた幸伸丸が判定3-0、大観衆の歓声とともに花道を後にしました!

レポートは後日、少々お待ちくださいませ-!

祝杯(ウーロン茶)を手に喜ぶ幸伸丸!!!!!
しゅくはい

【出漁記】森眞戦

年度始まってまもない4/5、今回は幸伸丸がトリのメインイベント!
対戦相手は赤城ジムの森眞選手。
ファンの皆様の期待も高まる中、後楽園ホールへまたも応援へとはせ参じてまいりましたー!

幸伸丸の試合の前には、個人的に注目している「雑草心」上野選手の快勝試合などもあり、また会場には世界タイトル保持者のあの人や沖縄の英雄のあの人など、著名人もちらほら。

今回幸伸丸を初見となる友人と向かったこともあり、管理人としても非常に気持ちが盛り上がっての観戦となりました。

いよいよメインイベント、花道には幸伸丸Tシャツを着て登場を待つちびっこの姿も!

P1090671.jpg

と、いつもの北島三郎先輩の「まつり」から、幸伸丸の入場です!

P1090677.jpg

皆様からの声援を広い背中にうけ、堂々歩く幸伸丸!!相変わらずしびれます。

P1090679.jpg

対する森選手とともにリングに立ち、リングネームコールと声援に応える幸伸丸!!

P1090681.jpg

P1070974.jpg

両雄相対し

P1070982.jpg

ゴング!
まずは様子をうかがいつつも拳を交える両選手。

P1070992.jpg

幸伸丸、右に左に非常に老獪に、的確に、パンチを重ねていきます。

P1070989.jpg

会場の熱も高まってきたところで、なんと幸伸丸の拳に森選手、一瞬の間隙を突かれたか、ダウン!!!会場に響く歓声ーーー!!!!

P1070995.jpg

P1070996.jpg


管理人は、実はこのとき、ブローのヒットする瞬間をちゃんと見れてませんでした。なので、スリップかな?とも思ったのですが、この後の試合展開を見る限り、非常に意味のあるダウン奪取だったようです。


明らかに幸伸丸のペースで1Rを終え、2Rのゴング!

P1070999.jpg

と、なんと、開始早々幸伸丸の拳が森選手の頭部?にクリーンヒット、二度目のダウンを喫します!!!うおーなんだこれ!!!!
びびって写真も白飛びしちゃってます。

P1080001.jpg

レフリーが駆け寄り、なんか難しい感じのことをしていましたが、そのまま

P1080005.jpg

TKOーーーーーーーーーーーーーーーー!!!!!!!!!!!!!!

P1080007.jpg

拳を揚げ、悠然とリングを回る幸伸丸!!!!!!

P1080013.jpg

P1080015.jpg

P1080022_20110618204910.jpg


「勝者、斉藤幸伸丸!!!!!」のコールと、入場時を上回る大歓声を背に、リングを降りる幸伸丸です!!!!!!

P1080025.jpg


いやー、見事な試合でした。面目躍如といったところではないでしょうか。
今日初めて幸伸丸を見た友達は
「つよいねー!!」
「短かったけどすごいおもしろかった!!!」
と賞賛しきりで、僕も連れてきた甲斐があったというものでございます。
見事な勝利おめでとう、幸伸丸!!!


で、今回も打ち上げにお邪魔させていただきましたー。
勝利に顔をゆるませる幸伸丸の姿には、我々の気持ちもなごみます。

お友達と記念写真。

P1090700.jpg

ご家族の姿も!

P1090739-1.jpg

ずっと幸伸丸を熱く応援し続ける、古いご友人と!

P1090744-1.jpg


余談ですが、この夜は珍しいものを見たので、こちらにてご報告差し上げます。

ラーメンを食うプロボクサー。

P1090724.jpg

残念ながら、あんまおいしくなかったそうです。

次も頼むぜ、幸伸丸ーーーーー!!!!!!!!

 | HOME |  »

このサイトは

日本ウェルター級1位、輪島功一スポーツジム所属のボクサー、斉藤幸伸丸の非公式ファンサイトです。 コメントは誰でも自由! ちなみに管理人は格闘技の知識がほとんどなし。玄人の方も素人の方もどんどん参加して、幸伸丸を応援してください!
【各記事の下からコメントを投稿できます】
[このサイトについて]

Categories

Recent Entries

Monthly

Recent Comments

Recent Trackbacks

Appendix

TazmanianDevil

TazmanianDevil

管理人。昭和53年7月30日、恵山町(現:北海道函館市)生まれ。166cm, 112パウンド。杉並区輪島ジムの近所在住 → 2012年12月より札幌に引っ越しました。遠く北海道から幸伸丸の試合に駆けつけます!!!
★もっと詳しく★



 








FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。